住信SBIネット銀行でのおまとめローンは審査が甘いの?厳しいの?

何件もの金融業者からお金を借りていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務している人は与信限度額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや返済だけしかできないカードローンだということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが住信SBIネット銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

住信SBIネット銀行おまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

住信SBIネット銀行おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

おまとめローンの手続きを効率よく進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですので住信SBIネット銀行おまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は他社借入の多い多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

住信SBIネット銀行おまとめローンを提供してる金融業者もありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが住信SBIネット銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンは他社借入の多い多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と各社からの借入れ金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけて既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、住信SBIネット銀行の借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

参考:http://www.sumartin.net/sumishinsbi/omatome.html

両者は金融上の定義づけは異なるのですが、厳密に区別されることはなくおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

両者の決定的な違いは消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできませんが、銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので返済日や残高の管理がしやすくなります。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く低金利な上に来店不要という点も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが申込時に収入証明書が必要になりますおまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、住信SBIネット銀行おまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金がいくらになったら、住信SBIネット銀行おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いので初めて住信SBIネット銀行おまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めた住信SBIネット銀行おまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行の提供している住信SBIネット銀行おまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融の場合、マイカーローンをおまとめローンにすることはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

住信SBIネット銀行住信SBIネット銀行おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

住信SBIネット銀行おまとめローンを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

金融機関の金利や借入額を入力するだけで住信SBIネット銀行おまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行の住信SBIネット銀行おまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。