NISAと積立NISAの違いとは?どっちがお得なの?

NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長5年という条件があり、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、気にしなくていい情報かもしれません。

NISAは非課税というメリットがある一方でデメリットもあります。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

参考:http://www.kabuho.net/

ただはじめるだけなら近所にあるゆうちょや銀行の支店などでもはじめられます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAとは何かをシンプルに言うと、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

日本では2014年にスタートして、年あたり120万円が非課税枠として用意されています。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

期間は最長5年までということになっていますが、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

この決められたNISAの投資枠をどうするかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAの期間は2023年までです。

これはNISAが始まったとき決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しが可能でしたが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

ではNISAの期限が切れると果たしてどうなってしまうのでしょうか?その場合はいったん売却するか、もしくは課税対象の普通口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などは、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もし投資自体が初めてという方であれば、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

これは預金と比較してどうかということではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらうことになると、手数料や信託報酬などが必要になりますのでその点はご留意ください。

NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

その中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

株式取引をメインに考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。