フラット35審査と借り換えで失敗しないために

住宅ローンや自動車ローンなどの長期の借入は、できるだけ早く完済したい

という気持ちを持ってしまいます。

早く返済する方法は繰り上げ返済を行うことのみです。

住宅ローンのフラット35を例にすると銀行機関によって繰上げ可能額が100万円からという例が多いですが10万円から可能に設定されている銀行もあるようです。

その際、手数料が必要なローンと不要なローンがあるのでローン選びではこの点もチェックするようにしましょう。

ボーナス併用払いでローンを組んでいる場合には、ボーナス月の請求がずれないように6ヵ月分の合計から可能なことが多いようです。

テレビコマーシャルなどでおなじみのフラット35ですが、中古住宅でもローンの利用はできるの?という質問を聞きます。

結論から言えば要件達成で利用できます。

要件例としては、床面積の広さがマンションの場合は30㎡以上になっているか、物件の購入価格が1億円以下かという条件です。

中古ならではの要件もあり、申込日の時点で竣工日から2年以上経っている、すでに人が住んでいたことがあるかという要件です。

もし新築で建てた住宅に対してのローン借り換えを行う場合は中古物件扱いになるのでこれらの要件を満たしている必要があります。

そのため中古物件を購入する際もご活用ください。

住宅を購入する資金調達時に利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから審査を始めます。

場合によってはローンに落ちることもあります。

では、いくらまで借りられるのでしょうか。

例えば固定金利のフラット35取扱件数1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というwebサービスでは物件を決める前に事前に年収や毎月の返済予定額などを確認できます。

他の機関のサイトにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ず確認するようにしましょう。

予算が事前に分かっていれば選択肢も絞られてくるので探しやすくなるのではないでしょうか。

住宅を購入する際、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、超低金利なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても様々な種類があります。

その中でも、「フラット35」という言葉を耳にしたことはありませんか?名称からは特徴が伝わりにくいですが通常の銀行ローンとどういった部分が違うのか調べてみました。

主なメリットとしては、ずっと金利が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が0円ということがあります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると割高になることや独自の審査基準になっているので借入できない可能性もあります。

一般的にローンを組む場合、変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がすごくお得に見えます。

逆に支払額が高くなる可能性が常につきまといます。

そんな可能性のことを心配したくないという人も多いと思います。

そういった方の場合は、長期間金利固定の固定型で各種ローンを契約することをお勧めします。

固定型と書いているように、返済期間中はもし金利が現在より下がっても恩恵はありません。

マイナス面としては、金利固定なので低くなったとしても返済額に反映されないことです。

住宅を購入する際に利用する住宅ローンですが金利変動のリスクがイヤでフラット35で組んだ人もいると思います。

現在返済している人はできる限り月々の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35から別のフラット35への借り換えができるんです。

その際、メリットが受けたい場合は金利差0.3%以上が目安となっています。

また、借り換えのタイミングで変動型にすることもできます。

借り換えをするかどうかは各銀行機関のHPにあるシミュレーションを利用して総支払額がどう変わるかやその他費用も含めて様々な面から検討するようにしてください。

融資に際して、改めて審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

ローンを借りる際に重要なことはなんでしょうか?

他のローンや公共料金の支払いが滞っていないかという信用情報を挙げることもありますが最も大切なのは借りた後にどうやって返済していくかを考えておくことです。

例えば、住宅ローンなどでは借り入れ金額が大きく何年で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを必ず確認してください。

確認する方法としては自力で計算するのもいいですが大変なので利用するローンのホームページにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動金利型の場合では金利変動で支払額が変わるのでフラット35などの別のローンを組んだ場合も確認してみてください。

念願のマイホームを買う際に利用する住宅ローンですが種類が多くてどれを選んだら良いのか困ってしまいます。

でも住宅ローンを利用する人は人生に1回ということが多く選び方がわかりません。

ここでは、ローン探しのポイントをまとめてみました。

まず決めなければいけないのが金利を変動型にするか固定型にするかです。

毎月の支払いが高くなる可能性があれば低くなる可能性もある変動型と金利変わっても影響のなく返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので見るポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35では金利以外の保証料などを比べる必要があります。

ここ数年は、変動型から固定型へ利用者数が変わってきているようです。

住宅を購入する際にフラット35の利用を勧められることがあります。

多くの人はテレビで名前を聞いたことはあるくらいで実際にはどんな特徴があるのか、借りるための条件はあるのかといった情報を詳しい情報は知らないのではないでしょうか。

利用するには、物件購入価格が税込で1億円以下になっているか、床面積が基準以上の数字になっているかといった条件があります。

ローンの特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借りられないことや全期間金利固定なことなどが挙げられます。

金利固定なので急に支払額が上がるといったことが起きないので無理なく返済計画を立てて実行できそうですね。

住宅ローンをはじめとした長期間に渡る借入は、できるだけ早く返したいという気持ちを持ってしまいます。

早く返す方法は繰り上げ返済をすることです。

住宅ローンのフラット35の場合では、100万円から可能な銀行機関が多いですが10万円からという銀行機関もあるようです。

その際、手数料が必要だと余分にお金を用意しなければいけないのでローン選びではこの点もチェックするようにしましょう。

ボーナス併用払いで返済している場合には、ボーナス月の請求がずれないように半年分の合計額から可能に設定されているが多いようです。

住宅ローンについてネットで調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を持っている人が少なからずいるようです。

フラット35とは住宅ローンの中の1種のことです。

民間の金融機関では、長期にわたって全期間固定金利で全期間固定金利では難しいとされています。

融資に対するリスクを住宅金融支援機構が取っています。

メリットとしては、勤続年数が短くても借入できる可能性があることや特徴としては、金利が全期間固定で繰り上げ返済は100万円から可能、事務手数料以外の保証料が不要なことや繰上げ返済が100万円からと高額なことなどです。

全期間固定金利で選選択肢に入れる人の多いフラット35ですが、申し込む際に金利以外にも確認したい内容があります。

それは借入に際しての事務手数料や登記関係でかかる諸費用です。

それ以外にも、繰り上げ返済手数料が手数料がかかるローンがあります。

事務手数料は借り入れ金額の2%くらいに設定されているのが多いようです。

また、借り換えを行う際には、新たにローンを組むことになるので再度、事務手数料などの費用が発生します。

金利を下げて減る総支払額と借り換えにかかる諸費用を比べて借り換えを行わない決断をする人もいます。